Open Nav
  • 一次診療で求められる手術を詳細なイラストでわかりやすく解説!
    すべて書き下ろし、イラストは著者の渡邊先生のオリジナルです。
  • イラストを読んで術式をリアルにイメージすることで、慣れない外科手術の不安を払拭できます!
  • 飼い主に手術の流れを説明する際のガイドとしても役立ちます。

術式はイラストで順を追って解説!各場面で必要な手術器材は写真を並べて掲載しています。
いつ、どのタイミングで、どの器材を使って、どのような術式を行うのか、リアルにイメージすることができます。

手術部位とその周辺の組織の解剖図もイラストで解説!
基礎を確認してから、手術へと進むことができます。

各手術の中で、状況に応じて使う可能性のある術式もイラストで解説!
1つのパターンだけでなく、複数の可能性を予測して術式を学ぶことができます。

どの手術のどの場面でどの器具が使われているのか一目瞭然です!
掲載されている器具があれば、本書の手術はすべて行うことができます。
手術準備の機材・器具リストとしても活用できます。

CONTENTS

  • <PART1 軟部外科>
  • 第1章 去勢術・避妊術
  • 第2章 脾臓摘出術
  • 第3章 胃の外科的治療
  • 第4章 腸切開術・腸吻合術
  • 第5章 胆嚢摘出術
  • 第6章 膀胱切開術
  • 第7章 猫の会陰尿道造瘻術
  • 第8章 乳腺腫瘍摘出術
  • 第9章 腹壁ヘルニアの整復手術
         臍ヘルニアと鼠径ヘルニア
  • 第10章 会陰ヘルニアの整復手術
  • 第11章 肛門脱・直腸脱の整復手術
  • 第12章 肛門嚢切除術
  • 第13章 瞬膜腺脱出の外科的治療
  • 第14章 耳血腫の外科的治療
  • <PART2 整形外科>
  • 第15章 膝関節の整復手術
         膝蓋骨脱臼と前十字靭帯断裂
  • 第16章 トイ犬種の橈尺骨骨折の整復手術
  • 第17章 大腿骨骨頭骨頸切除術
  • 第18章 断脚術
  • <PART3 付録:治療で使用する外科器材>
  • 小動物外科診療の新しいバイブル本となる書籍がついに登場!
    総監訳 : 原 康
    原 著: Mechanisms of Disease in Small Animal Surgery 3rd Edition
    編 者: M. J. Bojrab, DVM, MS, PhD, ACVS
    A4判 並製本 1000頁

    ご購入はこちら
  • これがあれば縫合法の基本手技がマスターできる!
    さまざまな組織の縫合に対応することができる1冊!
    総監修:多川政弘
    監修:浅野和之、泉澤康晴、兼島孝、村中志朗、望月学
    A4判 64頁 DVD付き(約39分)

    ご購入はこちら