Open Nav

臨床現場では、来院初期において鑑別疾患や優先順位を正しくつけられないケースがあると思います。
そこで、SA Medicineでは、症候を切り口に、鑑別疾患をどのように絞り込んでいくか、第一線の先生方の“頭の中(思考)”に焦点をあてた新しい特集シリーズをスタートします!
はじめに「総合内科医」と「救急・集中治療医」のそれぞれの先生より初期診断を、その後の診断アプローチについては各分野の先生より解説していただきます。診断プロセスだけでなく、その診断に至る「根拠」もしっかり理解でき、応用力も身に付きます。

  • 総論・各論

    第一線の先生方の頭の中を図式化して解説!
    先生が何を考えながら鑑別しているのかがわかります。
    経験則な情報も入った役立つ内容が詰まっています。
    また、総論・各論の最後には、「診断力UP の秘訣」を掲載!
    第一線の先生方が日頃行っているコツや極意を学べます。

  • フローチャート

    各項の最後に「診断プロセスのフローチャート」を掲載!
    疾患をどう絞り込んでいくのかが、目で見てすぐにわかります。一連の流れを確認できることで、頭の中を整理できます。

各論

実際の症例を取り上げて診断の流れを考えます。
症例の疾患に合わせた、診断する先生の“そのときの思考”をリアルに確認しながら進めることができます。

外科的介入を考慮する疾患を取り上げ、内科的治療の限界と、外科的介入をいつ決断するかのボーダーラインに焦点を当てた連載です!
内科パートと、外科パートの両方を理解することで、何を目的に外科的介入をするのか、それまではどうするべきなのか、明確なボーダーラインを理解することができます。臨床現場に必須の情報が満載です。

  • 新特集、第1回のテーマ「嘔吐」の「総合内科医の視点」パートをご執筆いただきました大森先生から、特集では紹介しきれなかった「嘔吐」の診断極意を解説していただいております。セミナー動画と特集を見ることで、「嘔吐」に対するより深い診断法を自分のものにすることができるでしょう。