Open Nav
  1. TOPページ
  2. 【SOLD OUT】Small Animal Dermatology 41号(2016/9月号) 犬種からみる皮膚疾患① -よくみる犬種の疾患傾向をつかむ-

画像をクリックして拡大イメージを表示

【SOLD OUT】Small Animal Dermatology 41号(2016/9月号) 犬種からみる皮膚疾患① -よくみる犬種の疾患傾向をつかむ-
《00071609》


販売価格: ¥ 6,285円(税込)


臨床獣医師のための小動物皮膚科専門誌 隔月刊「SMALL ANIMAL DERMATOLOGY」


●皮膚科診療の視野を広げるTips(秘訣)が詰まっています!
2014~2015年の小誌特集シリーズでは,一つの疾患を「病態」「検査」「診断」「治療」「飼い主への説明」といった形に分け,詳細な解説を行ってきました。この構成は,皮膚科の教科書と同じように,最もスタンダードな構成の形といえます。
2016年からの新特集シリーズでは,これまでご紹介してきたスタンダードな手法をもとにしつつも,さらにアドバンスドな内容を紹介するべく,“視野を広げる皮膚科診療のTips(秘訣)”を特集テーマといたします。「年齢」「品種」「薬剤」「季節性」……etc,皮膚科診療に求められる要素をさまざまな切り口から解説していくことで,読者の先生方にとって有益な情報をご提供していきたいと考えております。

●皮膚科の勉強をより快適に,分かりやすく!
皮膚科診療は,皮膚に現れる皮疹の見極めから始まります。新特集シリーズでは,これまでよりも大きくみやすい皮疹の画像を配置することで,皮疹を見極める力の向上を目指しています。
また,診断や治療の流れを頭に入れやすいよう,フローチャートや表を多用する,読み手にとって優しい構成なのも特徴です。

■編集部より今月号について■
ポピュラーな犬種にみられる疾患傾向の解説がテーマです。ダックスフンド,チワワ,フレンチ・ブルドッグ,柴犬,プードル,シー・ズーを題材に,①頻繁にみられるメジャーな皮膚疾患,②犬種特異性が強いレアな皮膚疾患を,犬種ごとの皮膚性状とともにご紹介していきます。

本誌の一部をご試読いただけます。こちらをご覧ください。


視野を広げる皮膚科診療のTips(秘訣)
第5回 犬種からみる皮膚疾患①
-よくみる犬種の疾患傾向をつかむ-
総監修: 柴田久美子

【特集:Feature】
●総論:犬種別の疾患傾向をつかむ / 柴田久美子
●ミニチュア・ダックスフンドの皮膚特性,特徴的な皮膚疾患 / 土田靖彦
●チワワの皮膚特性,特徴的な皮膚疾患 / 工藤圭介
●フレンチ・ブルドッグの皮膚特性,特徴的な皮膚疾患 / 石田琳瑛
●柴の皮膚特性,特徴的な皮膚疾患 / 池順子
●プードルの皮膚特性,特徴的な皮膚疾患 / 村山信雄
●シー・ズーの皮膚特性,特徴的な皮膚疾患 / 神田聡子

【連載:Serialization】
●皮膚病変の観察学 第5回
内腔を伴う隆起性病変(水疱,嚢腫,膿疱) / 江角真梨子
●イラストで理解する皮膚免疫のしくみ 第4回
皮膚免疫を理解するための基本(登場人物)を整理する④ 顆粒球(好中球,好酸球,好塩基球) / 大森啓太郎
●皮膚科の処方ノート 第8回
犬の食物有害反応の診断/除外法 / 大隅尊史
●エキゾの皮膚病 第13回
ウサギの毛咬み(バーバリング),モルモットの疥癬 / 進藤祐介
●COLUMN 皮膚科学UP To DATE 第9回
アトピー性皮膚炎の最新病態学⑦~食物アレルギー~ / 小林哲郎

【その他:Another Topics】
●巻末特別企画
CASE REPORT:APOQUIL(R)
アポキル?錠の活用術~アポキル(R)錠の得手/不得手を意識し,診療に活用しよう~
●次号予告・奥付


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁
発行年月日:2016年9月15日