Open Nav
  1. TOPページ
  2. Small Animal Dermatology 42号(2016/11月号) 皮膚科のコミュニケーション学

画像をクリックして拡大イメージを表示

Small Animal Dermatology 42号(2016/11月号) 皮膚科のコミュニケーション学
《00071611》


販売価格: ¥ 6,285円(税込)


臨床獣医師のための小動物皮膚科専門誌 隔月刊「SMALL ANIMAL DERMATOLOGY」


●皮膚科診療の視野を広げるTips(秘訣)が詰まっています!
2014~2015年の小誌特集シリーズでは,一つの疾患を「病態」「検査」「診断」「治療」「飼い主への説明」といった形に分け,詳細な解説を行ってきました。この構成は,皮膚科の教科書と同じように,最もスタンダードな構成の形といえます。
2016年からの新特集シリーズでは,これまでご紹介してきたスタンダードな手法をもとにしつつも,さらにアドバンスドな内容を紹介するべく,“視野を広げる皮膚科診療のTips(秘訣)”を特集テーマといたします。「年齢」「品種」「薬剤」「季節性」……etc,皮膚科診療に求められる要素をさまざまな切り口から解説していくことで,読者の先生方にとって有益な情報をご提供していきたいと考えております。

●皮膚科の勉強をより快適に,分かりやすく!
皮膚科診療は,皮膚に現れる皮疹の見極めから始まります。新特集シリーズでは,これまでよりも大きくみやすい皮疹の画像を配置することで,皮疹を見極める力の向上を目指しています。
また,診断や治療の流れを頭に入れやすいよう,フローチャートや表を多用する,読み手にとって優しい構成なのも特徴です。

■編集部より今月号について■
飼い主とのコミュニケーション上の問題を解決するために,飼い主を満足させるインフォームド・コンセントの方法や,正確な診断へとつなげるための上手なコミュニケーションの取り方をまとめていきます。また,エキスパートの先生方が実施している飼い主との関係性づくりの秘けつを取材形式にて掲載するなど,読者の先生方のコミュニケーションスキルの向上へとつながる誌面内容となっています。

本誌の一部をご試読いただけます。こちらをご覧ください。


視野を広げる皮膚科診療のTips(秘訣)
第6回 皮膚科のコミュニケーション学
総監修:村山信雄

【特集:Feature】
●総論:皮膚科のコミュニケーション学/ 村山信雄
●犬のそう痒性皮膚疾患におけるコミュニケーションのポイント / 関口麻衣子
●犬の脱毛性皮膚疾患におけるコミュニケーションのポイント / 柴田久美子
●外耳炎におけるPSPP分類を活用したコミュニケーション / 山岸建太郎
●痒みがみられる猫の皮膚疾患におけるコミュニケーションのポイント / 赤熊美紀
●インタービュー
診療のためのコミュニケーション / 横井愼一
腫瘍患者とご家族のためのコミュニケーション / 原田 慶,中森あづさ
グリーフケアのためのコミュニケーション / 阿部美奈子
行動診療からみるコミュニケーション / 藤井仁美

【連載:Serialization】
●イラストで理解する皮膚免疫のしくみ 第5回
皮膚免疫を理解するための基本(登場人物)を整理する⑤ マスト細胞 / 大森啓太郎
●皮膚病変の観察学 第6回
皮膚の欠損性の変化(びらん,潰瘍) / 江角真梨子
●皮膚科の処方ノート 第9回
CADの治療① アポキル(R)錠の使い方 / 大隅尊史
●エキゾの皮膚病 第14回
モルモットの乳腺の腫瘍,ハムスターの頬袋脱 / 進藤祐介,田向健一
●COLUMN 皮膚科学UP To DATE 第10回
アメリカの動物病院で社会の縮図を垣間みる / 小林哲郎

【その他:Another Topics】
●巻末特別企画
CASE REPORT:APOQUIL(R) Vol.2
10年間続いた犬アトピー性皮膚炎による顔面の強い痒みにアポキル(R)錠が奏効した一例 / 工藤圭介
●巻末特別企画
Special Article 皮膚の恒常性を意識した新しい治療提案~ペプチドテクノロジーを用いた犬のスキンケア療法~ / 伊從慶太
●次号予告・奥付


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁
発行年月日:2016年11月18日