Open Nav
  1. TOPページ
  2. Small Animal Dermatology 43号(2017/1月号) 新薬登場で皮膚科の世界はどう変わった?“痒み”を再考する

画像をクリックして拡大イメージを表示

Small Animal Dermatology 43号(2017/1月号) 新薬登場で皮膚科の世界はどう変わった?“痒み”を再考する
《00071701》


販売価格: ¥ 6,285円(税込)


臨床獣医師のための小動物皮膚科専門誌 隔月刊「SMALL ANIMAL DERMATOLOGY」


●皮膚科診療の視野を広げるTips(秘訣)が詰まっています!
2014~2015年の小誌特集シリーズでは,一つの疾患を「病態」「検査」「診断」「治療」「飼い主への説明」といった形に分け,詳細な解説を行ってきました。この構成は,皮膚科の教科書と同じように,最もスタンダードな構成の形といえます。
2016年からの新特集シリーズでは,これまでご紹介してきたスタンダードな手法をもとにしつつも,さらにアドバンスドな内容を紹介するべく,“視野を広げる皮膚科診療のTips(秘訣)”を特集テーマといたします。「年齢」「品種」「薬剤」「季節性」……etc,皮膚科診療に求められる要素をさまざまな切り口から解説していくことで,読者の先生方にとって有益な情報をご提供していきたいと考えております。

●皮膚科の勉強をより快適に,分かりやすく!
皮膚科診療は,皮膚に現れる皮疹の見極めから始まります。新特集シリーズでは,これまでよりも大きくみやすい皮疹の画像を配置することで,皮疹を見極める力の向上を目指しています。
また,診断や治療の流れを頭に入れやすいよう,フローチャートや表を多用する,読み手にとって優しい構成なのも特徴です。

■編集部より今月号について■
,皮膚科臨床で一番多い症状 “痒み” への対応方法が再確認できる特集をお届けします。
各種薬剤のメリット・デメリット,功を奏する場面などを改めてまとめ,より効果的に対処するためのハンドリング術を解説します。
2016年7月のオクラシチニブ製剤(アポキル?錠)の登場以来,皮膚科臨床での痒みの対応策はどのように変化しているのか,効果・安全性・適応について専門家に議論していただいた座談会も掲載します!

本誌の一部をご試読いただけます。こちらをご覧ください。


視野を広げる皮膚科診療のTips(秘訣)
第7回 “痒み”を再考する
総監修:伊從慶太

【特集:Feature】
●総論 / 大森啓太郎
●各種薬剤の使い方① ステロイド製剤 / 大隅尊史
●各種薬剤の使い方② シクロスポリン / 村山信雄
●各種薬剤の使い方③ オクラシチニブ / 伊從慶太
●特別座談会 「痒みの疾患」とのたたかい / 大草 潔,伊從慶太,大森啓太郎,柴田久美子,村山信雄
【連載:Serialization】
●エキゾの皮膚病 第15回
ウサギのズツキダニ症,チンチラの皮膚糸状菌症 / 進藤祐介,田向健一
●イラストで理解する皮膚免疫のしくみ 第6回
皮膚免疫を理解するための基本(登場人物)を整理する⑥ サイトカインとケモカイン / 大森啓太郎
●皮膚病変の観察学 第7回
皮膚の欠損性の変化(瘢痕) / 江角真梨子
●皮膚科の処方ノート 第10回
CADの治療② 減感作療法を実施する / 大隅尊史
●伴侶動物の美容を科学する 第3回
スキンケアと保湿剤Part2 / 島田健一郎
●COLUMN 皮膚科学UP To DATE 第11回
海外文献を読み解く! / 小林哲郎

【その他:Another Topics】
●巻末特別企画
CASE REPORT:APOQUIL? Vol.3
〈アポキル(R)錠が奏効した皮膚炎の2例〉 他の治療では改善が乏しかったが,皮疹の改善が得られた症例 / 渡辺貴之
●巻末特別企画
ゾエティス・ジャパンがお答えします! アポキル?錠へのよくある質問Top20 / 伊從慶太
●新製品情報
●次号予告・奥付


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁
発行年月日:2017年1月15日