Open Nav
  1. TOPページ
  2. SA Medicine '18/8月号(No.116)一目でわかる症候シリーズVol.22 発熱②・ショック

画像をクリックして拡大イメージを表示

SA Medicine '18/8月号(No.116)一目でわかる症候シリーズVol.22 発熱②・ショック
《00041808》


販売価格: ¥ 4,505円(税込)


小動物内科専門誌 隔月刊「SA Medicine」

小動物臨床に携わる獣医師の生涯教育を基本コンセプトにおき、臨床経験の浅い獣医師からベテランの獣医師まで満足できる内科臨床の専門誌。


本誌の一部をご試読いただけます。
iPad・iPhoneをご利用の方はクリック後、専用ビューアー[ActiBook]のダウンロードへお進みください。

WEB MOVIE
8月号関連の動画がご覧いただけます。



※8月号に掲載されているID/パスワードを入力しご覧下さい。
※配信期限は2019年7月末日とさせていただきます。


【特集】
一目でわかる症候シリーズ Vol.22
発熱②・ショック
監修 小山 秀一

<発熱②>
【総論】
発熱をともなう症例における診断の流れ
桃井 康行
鹿児島大学共同獣医学部臨床獣医学
講座画像診断学分野
【各論】
■髄膜炎
松木 直章/まつき動物病院(東京都)
■全身性エリテマトーデス
大森 啓太郎/東京農工大学
■免疫介在性好中球減少症
高橋 雅/鹿児島大学共同獣医学部臨床獣医学講座
■無菌性結節性脂肪織炎
伊東 輝夫/青葉動物病院(宮崎県)

<ショック>
【総論】
ショックをともなう症例における診断の流れ
上田 悠
カリフォルニア大学 デービス校
【各論】
■心原性ショック
川瀬 広大/札幌夜間動物病院(北海道)
■敗血症性ショック
中村 篤史/TRVA 夜間救急動物医療センター(東京都)
■血液量減少性ショック
上田 悠/カリフォルニア大学 デービス校
■アナフィラキシーショック
中村 篤史/TRVA 夜間救急動物医療センター(東京都)
■閉塞性ショック
川瀬 広大/札幌夜間動物病院(北海道)

【連載・他】
●症例から学ぶ治療選択⑩
敗血症性ショックを呈した症例/塗木 貴臣
●犬・猫の呼吸器を診る⑨/城下 幸仁
●X 線読影Teaching File ㉑/夏堀 雅宏,柿崎 竹彦
●NEWS


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁 隔月刊(偶数月発行)
発行年月日:2018年8月1日