Open Nav
  1. TOPページ
  2. カラーアトラスBOOKS 犬と猫の皮膚病【和英併記】

画像をクリックして拡大イメージを表示

カラーアトラスBOOKS 犬と猫の皮膚病【和英併記】
《10004085》


販売価格: ¥ 31,900円(税込)


国内初!日本でみられる128の皮膚病を網羅し900点におよぶ症例写真で解説!


<気になる内容は?>
本書の詳細はこちらをご覧ください!

特徴を捉え病変を見極める。
●日常診療で遭遇する機会の多い皮膚病の特徴的な「皮疹」を、鮮明なカラー写真で全904点掲載!
●症例写真の多くは、全体像→頭部→体幹部→四肢の順に掲載!インフォームドコンセントにも活用できます。
●海外と日本の違いを考慮し、日本で人気の犬種や日本特有の皮膚病について疾患ごとにわけて解説!
●視診から疑われる疾患を、写真と照らし合わせて鑑別診断にお役立ていただけます!

すべての和文に英訳つき!
英語での表現の確認や論文などの作成時に参考にしていただけます。


本誌の一部をご試読いただけます。
iPad・iPhoneをご利用の方はクリック後、専用ビューアー[ActiBook]のダウンロードへお進みください。


【CONTENTS】
序文
本書の利用に際してのご注意

●第1章 細菌性皮膚疾患
監修:伊從慶太
1. 表面性膿皮症
(1)間擦疹(皺襞性皮膚炎)
(2)化膿性外傷性皮膚炎(ホットスポット)
2. 表在性膿皮症
(1)膿痂疹
(2)表在性細菌性毛包炎
(3)粘膜皮膚膿皮症
(4)表在性拡大性膿皮症
(5)ダルメシアンのブロンズ症候群
3. 深在性膿皮症
(1)深在性膿皮症
(2)ジャーマン・シェパード・ドッグの膿皮症
(3)犬の痤瘡(顎の膿皮症)
(4)化膿性外傷性毛包炎
(5)鼻癤腫症(鼻部膿皮症)
(6)細菌性肢端皮膚炎
(7)犬の趾間膿皮症
(8)胼胝性膿皮症
(9)ジャーマン・シェパード・ドッグの中足骨瘻
(10)皮下の膿瘍(犬・猫のけんかや咬傷による膿瘍)

●第2章 真菌による皮膚疾患
監修:村山信雄
1. マラセチア症(マラセチア皮膚炎)
2. カンジダ症
3. 皮膚糸状菌症

●第3章 寄生虫による皮膚疾患
監修:柴田久美子
1. マダニ寄生症 Tick bite dermatitis/Ixodiasis
2. 犬の局所性ニキビダニ症(局所性毛包虫症)
3. 犬の全身性ニキビダニ症(全身性毛包虫症)
4. 猫のニキビダニ症(毛包虫症)
5. 犬の疥癬(ヒゼンダニ症)
6. 猫の疥癬(ショウセンコウヒゼンダニ症)
7. 猫の耳ダニ症
8. ノミ刺症・ノミアレルギー性皮膚炎
9. シラミ症
10. ハエウジ症

●第4章 過敏性皮膚疾患
監修:村山信雄
1. 犬アトピー性皮膚炎
2. 犬の食物アレルギー(食物有害反応)
3. 肢端舐性皮膚炎(舐性皮膚炎)
4. 猫の非ノミ非食物アレルギー性皮膚炎
5. 猫の食物アレルギー
6. 蚊刺咬性過敏症
7. 好酸球性肉芽腫群
(1)猫の好酸球性局面
(2)猫の好酸球性肉芽腫(線状肉芽腫)
(3)無痛性潰瘍(好酸球性潰瘍)
8. 蕁麻疹・血管浮腫
9. 犬の顔面好酸球性癤腫症
10. 接触皮膚炎(アレルギー性接触皮膚炎)

●第5章 自己免疫性皮膚疾患・免疫介在性皮膚疾患
監修:大森啓太郎
1. 天疱瘡 Pemphigus
(1)落葉状天疱瘡
(2)紅斑性天疱瘡
(3)粘膜類天疱瘡
2. 犬の皮膚エリテマトーデス
(1)円板状エリテマトーデス
(2)水疱性皮膚エリテマトーデス
3. 結節性脂肪織炎
(1)無菌性結節性脂肪織炎
(2)異物性結節性脂肪織炎(縫合糸反応性脂肪織炎)
4. 特発性無菌性肉芽腫・特発性化膿性肉芽腫
5. 犬の好酸球性肉芽腫
6. 皮膚血管炎
7. 多形紅斑・中毒性表皮壊死症

●第6章 遺伝性・先天性・後天性の脱毛症
監修:柴田久美子
1. 淡色被毛脱毛症(カラーダイリューション脱毛症)
2. 黒色被毛毛包形成異常症
3. 犬のパターン脱毛症
4. 犬の甲状腺機能低下症
5. 犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
6. 毛刈後脱毛症
7. 毛周期停止(アロペシアX)
8. 猫の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
9. 性ホルモン関連皮膚症[未去勢雄]
10. 犬の再発性側腹部脱毛症(季節性側腹部脱毛症)
11. 猫の耳前部・耳介の脱毛症
12. 成長期脱毛・休止期脱毛
13. 抗癌薬(ドキソルビシン)による脱毛
14. 牽引性脱毛症
15. 円形脱毛症
16. 猫の心因性脱毛症

●第7章 先天性皮膚疾患
監修:大草 潔
1. 犬の家族性皮膚筋炎
2. エーラス・ダンロス症候群(皮膚無力症)
3. 犬の若年性蜂窩織炎(若年性膿皮症)

●第8章 色素異常
監修:大草 潔
1. 黒色色素斑
2. 炎症後の色素沈着
3. 治療中および治療後の色素変化
4. 鼻部の後天性特発性色素脱失
5. 白斑
6. 犬のぶどう膜皮膚症候群(フォークト・小柳・原田病様症候群)

●第9章 角化異常・脂漏性皮膚疾患
監修:伊從慶太
1. 胼胝
2. 猫の痤瘡
3. 犬の本態性脂漏症
4. 犬の先天性多汗症
5. ビタミンA反応性皮膚症
6. 亜鉛反応性皮膚症
7. 犬の耳介辺縁皮膚症
8. 尾腺過形成(スタッドテイル)
9. ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの増殖性皮膚症
10. 脂腺炎(肉芽腫性脂腺炎)
11. 壊死性遊走性紅斑(表在性壊死性皮膚炎・肝皮症候群)
12. ペルシャの顔面皮膚炎

●第10章 眼瞼・爪・肛門嚢・外耳道の皮膚疾患
監修:村山信雄
1. 眼瞼炎
2. 流涙症(涙やけ)
3. 角膜類皮腫
4. 外耳炎
5. 耳血腫
6. 黒色腫(メラノーマ)・眼部色素沈着
7. 肛門囊炎
8. 肛門周囲廔(肛門癤腫症)
9. 細菌性爪感染症
10. 対称性ループス状爪異栄養症
11. 爪床腫瘍

●第11章 腫瘍性・非腫瘍性の腫瘤
監修:大草 潔
1. 皮膚リンパ腫
2. 形質細胞腫
3. 組織球系腫瘍
(1)良性皮膚組織球腫
(2)反応性皮膚組織球症
①皮膚組織球症
②全身性組織球症
(3)組織球性肉腫(悪性組織球症)
①限局性組織球性肉腫
②播種性組織球性肉腫
4. 肥満細胞腫
5. 乳腺の腫瘍
(1)乳腺腫瘍
(2)炎症性乳癌
6. 肛門周囲腺腫瘍

●第12章 腫瘍随伴症候群
監修:村山信雄・大草 潔
1. 猫の腫瘍随伴性脱毛症・剥脱性皮膚炎
2. 猫の肺指症候群

●第13章 その他の皮膚疾患
監修:大森啓太郎・村山信雄・大草 潔
1. パピローマウイルス感染症
2. 猫の形質細胞性肢端皮膚炎
3. 猫の特発性潰瘍性皮膚炎
4. ステロイド外用薬による皮膚反応(ステロイド皮膚症)
5. 皮膚石灰沈着症
6. 黄金毛症
7. 皮角
8. 褥瘡
9. 熱傷
10. 根尖周囲病巣
11. 毒ヘビの咬傷
12. 輪ゴムによる絞扼
13. 首輪による皮膚炎
14. 尾部皮膚抉出

編著者紹介


総監修・編著:大草 潔
編著:伊從慶太、大森啓太郎、柴田久美子、村山信雄
英訳:篠田仁美
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判変形/上製/340頁
ISBN:978-4-86671-066-2
発行年月日:2019年6月1日