Open Nav
  1. TOPページ
  2. as BOOKS 今さら聞けない!?動物医療の基礎知識 疾患編

画像をクリックして拡大イメージを表示

as BOOKS 今さら聞けない!?動物医療の基礎知識 疾患編
《10004091》


販売価格: ¥ 9,350円(税込)


聞けない!こたえられない!そんなあなたに!


<気になる内容は?>
本書の詳細はこちらをご覧ください!

「よくある疾患の看護対応、あいまいにならず確実に対応したい!」
「「膿皮症ってうつるんじゃない!?」飼い主さんの疑問に正しく答えたい!」
「「次の検査、早く準備して!」と先輩動物看護師に言われて慌てたくない!」
「パニックになっている飼い主さんと一緒になって動揺したくない!」

●動物看護専門誌asにて17年以上継続している大好評の連載「今さら聞けないシリーズ」、2017年に発刊した「予防・症状編」から待ちに待った書籍化第二弾「疾患編」がついに登場!!
●臨床現場で「最低限覚えておきたい!」「正しいのか不安だけど、今さら聞けない…」という内容を、当時の連載内容から最新情報を盛り込み、加筆修正&オールカラーにして1冊に仕上げました!
●新規で4項目追加し全21項目、それぞれの疾患のスペシャリストが簡潔で分かりやすく解説しています!


本誌の一部をご試読いただけます。
iPad・iPhoneをご利用の方はクリック後、専用ビューアー[ActiBook]のダウンロードへお進みください。


<contents>
①呼吸器:伝染性呼吸器疾患(白石 健/パンダ動物病院)
・呼吸器ってどんな働きをしているの?
・犬や猫の伝染性呼吸器疾患って何?
・犬伝染性気管気管支炎ってどんな病気なの?
・猫の上部気道感染症ってどんな病気なの?
・予防と飼い主への指導のポイントは?
・看護のポイントと家庭でのケアのポイントは?
・院内感染を防止するポイントは?

②循環器:犬の僧帽弁閉鎖不全症(佐藤貴紀/JVCC動物病院グループ株式会社)
・僧帽弁閉鎖不全症とはどんな病気?
・僧帽弁閉鎖不全症の主訴と症状は?
・検査はどんな流れで行う?
・よく行われる治療は?
・飼い主への指導のポイントは?

③循環器:猫の肥大型心筋症(深井有美子/JAM目黒病院)
・猫の肥大型心筋症ってどんな病気?
・どんな主訴と症状で来院するの?
・検査はどんな流れで行うの?
・よく行われる治療はどんなもの?
・飼い主には何を指導したら良いの?

④消化器:消化器疾患(岡野顕子/さくら動物病院)
・消化器の構造と解剖はどうなっているんだろう?
・消化器疾患の症状と疾患ってどんなもの?
・よくある症状を緩和するための動物看護って?

⑤肝胆道:肝胆道系疾患(金本英之/DVMsどうぶつ医療センター横浜)
・肝胆道系疾患ってどんな病気?
・肝胆道系疾患はどんな症状になるの?
・肝胆道系疾患にはどんな検査をするの?
・肝胆道系疾患にはどんな治療をするの?

⑥ 腎 :腎疾患(東 真理子/しののめ動物病院)
・腎臓はどんな働きをしている臓器ですか?
・腎疾患とはどういった病態のことですか?
・腎臓に障害を与える原因にはどのようなものがありますか?
・腎臓の疾患ではどのような症状がみられますか?
・腎疾患はどのような検査が必要ですか?
・どのような治療方法がありますか?また何に注意して看護をしたら良いですか?
・動物病院で行いたい飼い主へのアドバイスは?

⑦泌尿器:尿石症(岩井聡美/北里大学)
・猫の尿石症
・猫の尿石症ってどんな病気?
・猫の尿石症の原因は何?
・猫の尿石症はどんな主訴と症状で来院する?
・検査はどんな流れで行う?
・よく行われる治療は?
・飼い主には何を指導する?
・犬の尿石症

⑧内分泌:糖尿病(森 昭博/日本獣医生命科学大学)
・糖尿病とは?
・糖尿病の検査や治療はどうするの?
・退院時の飼い主への説明はどうしたらいいの?
・糖尿病罹患動物とうまく付き合っていくためのポイントは?
・退院時の説明書ってどうしたらいいの?

⑨感染症:猫免疫不全ウイルス感染症(戸野倉雅美/フジタ動物病院)
・FIV 感染症ってどんな病気?
・FIV って何だろう?
・FIV の感染経路はどうなっているの?
・FIV の臨床経過の段階はどうなってるの?
・FIV の診断はどうやって行うの?
・FIV の治療方法は?
・FIV の予防はどうすればいいの?
・FIV 猫の院内での看護のポイントは?
・飼い主へのアドバイスはどうしたらいいの?

⑩眼 科:犬の白内障と緑内障(古川敏紀/九州保健福祉大学)
・犬の眼の基本構造はどうなっているの?
・白内障ってどんな病気?
・緑内障ってどんな病気?
・飼い主への指導のポイントは?
・早期発見のためのポイントは?

⑪耳 科:犬の外耳炎と内耳炎(笠井智子/北川犬猫病院)
・耳の中ってどうなっているの?
・そもそも外耳炎と内耳炎って何だろう?
・外耳炎・内耳炎の治療にはどんなものがあるの?
・家庭でのケアのアドバイスはどうする?

⑫歯 科:猫の歯肉口内炎(戸田 功/とだ動物病院)
・猫の歯肉口内炎の症状は?
・歯肉口内炎と歯周炎の違いは?
・猫の歯肉口内炎の発生状況は?
・猫の歯肉口内炎の原因は?
・猫の歯肉口内炎の治療とは?
・飼い主への説明のポイントは?
・処置後のケアはどうしたら良いか?

⑬皮 膚:犬の膿皮症(森 啓太/犬と猫の皮膚科)
・膿皮症とは?
・どんな症状?
・膿皮症の検査ってどうするの?
・膿皮症の治療は?

⑭皮 膚:脂漏症(野矢雅彦/ノヤ動物病院)
・皮膚の構造はどうなっているの?
・どのようにして脂漏症になるの?

⑮関 節:犬の膝蓋骨脱臼(佐々木亜加梨/東京大学)
・膝蓋骨脱臼って何?
・膝蓋骨脱臼はどんな症状になるの?
・膝蓋骨脱臼の検査とその補助のポイントは?
・膝蓋骨脱臼の治療は何をするの?
・術後管理と予後のポイントは?

⑯神 経:てんかん(長谷川大輔/日本獣医生命科学大学)
・「てんかん」って何だろう?
・てんかんの診断ってどんなことをするの?
・てんかんの治療はどのように行われるの?
・てんかんの動物の飼育管理の方法は?

⑰生殖器:子宮蓄膿症(堀 達也/日本獣医生命科学大学)
・子宮蓄膿症ってどんな病気なの?
・子宮蓄膿症と診断されるまでの流れって?
・子宮蓄膿症にはどんな治療法があるの?
・子宮蓄膿症の犬や猫が入院したときの注意点は?
・子宮蓄膿症って予防できないの?

⑱生殖器:★犬の前立腺肥大(小林正典/日本獣医生命科学大学)
・そもそも良性前立腺肥大症って何?
・前立腺肥大症の診断方法は?
・良性前立腺肥大症の治療は?

⑲腫 瘍:腫瘍疾患(佐野忠士/酪農学園大学)
・腫瘍の定義って何?
・良性腫瘍と悪性腫瘍の違いは何?
・腫瘍の原因にはどんなものがあるの?
・腫瘍の発見方法ってどんなものがあるの?
・腫瘍の悪性度の評価は何をするの?
・腫瘍の治療は何をするの?
・腫瘍患者に対して心掛けておくことって何?
・よくみる悪性腫瘍って何?
・リンパ腫ってどんな腫瘍?
・肥満細胞腫ってどんな腫瘍?
・乳腺腫瘍ってどんな腫瘍?

⑳行 動:犬の分離不安症(水越美奈/日本獣医生命科学大学)
・犬の分離不安とは?
・分離不安の治療 (および対処)と予防は?

㉑エキゾ:ウサギの毛球症(斉藤久美子/さいとうラビットクリニック)
・ウサギの毛球症ってどんな状態?
・ウサギの毛球症を理解するための基礎知識って?
・ウサギの毛球症の原因は何?
・毛球症のウサギはどんな症状をみせるの?
・ウサギの毛球症を診断するのに必要な検査は?
・獣医師はウサギの毛球症をどのように治療するの?
・毛球症のウサギの扱いに関する注意点は?
・ウサギの毛球症を予防するためにはどうすれば良いの?


as編集部・編
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判/並製/200頁/オールカラー
ISBN:978-86671-081-5
発刊日:2019年9月25日