Open Nav
  1. TOPページ
  2. CLINIC NOTE No.188 2021 Mar 3月号 改めて見直したい 経腸栄養と静脈栄養

画像をクリックして拡大イメージを表示

CLINIC NOTE No.188 2021 Mar 3月号 改めて見直したい 経腸栄養と静脈栄養
《00082103》


販売価格: ¥ 3,353円(税込)


獣医学の“標準診療”を学ぶ総合情報誌 月刊「CLINIC NOTE」

◆ホームドクターに求められる“標準診療”を解説!(もちろん+αもあり)
◆遭遇頻度が高い疾患を中心に掲載。診療に迷ったらすぐにクリノへ!!
◆フローチャート・表・写真を多用した、“見てすぐ覚える・使える”誌面構成

WEB MOVIE
3月号関連の動画がご覧いただけます。



※3月号に掲載されているID/パスワードを入力しご覧下さい。
※配信期限は2022年月2末日とさせていただきます。



本誌の一部をご試読いただけます。


【特集】
改めて見直したい 経腸栄養と静脈栄養
監修:大田 寛(酪農学園大学)
総論:栄養療法の概要/大田 寛(酪農学園大学)
各論①:経鼻食道チューブ/田村昌大(北海道大学)
各論②:食道瘻チューブ/原田 慶(日本小動物医療センター附属日本小動物がんセンター)
各論③:胃瘻チューブ/入江なつは(ER 動物救急センター文京、ER 八王子動物高度医療救命救急センター)
各論④:腸瘻チューブ/細谷謙次(北海道大学)
各論⑤:静脈栄養/伊丹貴晴(酪農学園大学)

【連載、TOPICS】
●いざというとき慌てない !救急・急変への対応法
第 9 回 重症例に対する麻酔管理
各論 麻酔前~麻酔導入戦略②-腹腔内出血-
執筆:落合幸介(熊谷夜間救急動物病院)
監修:川瀬広大(札幌夜間動物病院)

●猫の超音波検査 パーフェクトアトラス
第 10 回 頸部疾患
執筆:新坊弦也(北海道大学)
監修:中村健介(北海道大学)

●周術期の臨床判断を磨く
外科手術の基本手技と麻酔管理マニュアル
第13回周術期の輸液療法-Perioperative Fluid Therapy-
執筆:伊丹貴晴(酪農学園大学)
監修:福井 翔(江別白樺通りアニマルクリニック)

●次回予告/奥付


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 112頁
発行年月日:2021年3月1日