Open Nav
  1. TOPページ
  2. 小動物 最新 外科学大系 6.消化器系1

小動物 最新 外科学大系 6.消化器系1
《10003306》


販売価格: ¥ 26,400円(税込)


日常の臨床でよく出会う消化器系の外科手技をきっちりマスター


■口腔内において発症する疾患として、主に「口腔内腫瘍」「舌の損傷と腫瘍」「唾液腺の疾患」「咽頭の疾患」「先天性口蓋裂」について症例を交え詳細に解説

■歯列や咬合状態の診査法ならびに、歯垢・歯石、歯周病の診査法について、各種疾患の症例写真を多数提示しながら解説

■食道における各種疾患として「食道内異物」「食道穿孔」「食道狭窄」「巨大食道」「食道憩室」「胃食道重積」等について、病態生理から治療法とその予後までを内視鏡写真等を交えて、より臨床的に解説


第1章 口腔と咽頭の外科
神谷新司/中市統三/宇根 智/大石明広

1 口腔内器官の構造と機能
 1.口唇と頬
 2.口蓋
 3.舌
 4.唾液腺(口腔腺)
 5.咀嚼装置
 6.咽頭
2 口腔内腫瘍
 1.臨床的な背景
 2.発生頻度が高い口腔内腫瘍
 3.診断
 4.治療法
3 舌の損傷と腫瘍
 1.舌の損傷
 2.舌の腫瘍
4 唾液腺の疾患
 1.粘液嚢胞
 2.瘻孔
 3.唾液腺炎
 4.腫瘍
5 咽頭の疾患
 1.輪状咽頭性嚥下困難(輪状咽頭アカラシア)
 2.扁桃炎
 3.扁桃の腫瘍
6 先天的口蓋裂
 1.病態生理と症状
 2.診断
 3.治療法


第2章 歯科
神谷新司/藤田桂一/網本昭輝/幅田 功

1 歯および歯周の構造と機能
 1.歯の構造
 2.歯の萌出と交換
 3.歯式
 4.歯の分類と形態
 5.歯周組織
2 歯および歯周の診査法
 1.稟告
 2.視診・触診・打診
 3.歯列,咬合状態の診査
 4.歯垢・歯石の診査,歯周病の診査
 5.X線検査法
3 抜歯および歯周外科治療を要する疾患の治療法
 1.抜歯術
  1.手術の適応と術前管理
  2.抜歯に必要な器具
  3.抜歯の手技
  4.抜歯の合併症
  5.抜歯後の管理
 2.歯周外科治療
  1.歯周外科治療の適応と術前管理
  2.基本的術式と術後管理(合併症)
 3.各論
  1.歯周病(歯肉炎,歯周炎)
  2.眼窩下瘻
  3.口鼻瘻
  4.不正咬合(咬合異常)
  5.遺残乳歯(晩期残存乳歯)
4 予防歯科処置
 1.予防歯科処置の意義
 2.予防歯科処置の方法
 3.スケーリングの実際


第3章 食道の外科
佐々木基樹・山田一孝・北村延夫/岡野昇三

1 食道の解剖
 1.食道の発生
 2.食道の位置
 3.食道の血管分布
 4.食道の神経支配
 5.食道の組織構造
2 手術の適応と術前管理
 1.診断
 2.術前管理
 3.食道手術における術中管理
3 基本的術式と術後管理(合併症)
 1.食道へのアプローチ法
 2.食道切開術
 3.食道切除術および吻合術
 4.食道憩室切除術
 5.食道狭窄の整復
 6.術後の合併症とその回避
 7.術後管理
4 各種の疾患
 1.食道内異物
 2.食道穿孔
 3.食道狭窄
 4.巨大食道症
 5.食道憩室
 6.食道の腫瘍
 7.胃食道重積


総監修:山根義久(東京農工大学大学院 共生科学技術研究部教授)
編集:多川政弘(日本獣医生命科学大学教授)
編集委員:高瀬勝晤(北里大学獣医畜産学部教授)
     中間實徳(山口大学名誉教授)
     南 三郎(鳥取大学農学部教授)
     武藤 眞(麻布大学獣医学部助教授)
     山村穂積(東京・Pet Clinicアニホス)
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 オールカラー 216頁 上製本
発行年月日:2008年4月8日