Open Nav
  1. TOPページ
  2. SURGEON 2021/7月号(148号)前十字靭帯断裂~なぜ外科的治療が必要なのか?~(前編)

画像をクリックして拡大イメージを表示

SURGEON 2021/7月号(148号)前十字靭帯断裂~なぜ外科的治療が必要なのか?~(前編)
《00052107》


販売価格: ¥ 7,543円(税込)


小動物外科専門誌 隔月刊「SURGEON」

【2021年はSURGEONの年!SURGEON創刊25周年特別企画!】
1997年の創刊当時から、外科テクニックをわかりやすく伝えるだけでなく、外科手術を選択するまでの情報、手術を成功に導くための情報を伝えることを基本コンセプトにおき、解剖から周術期管理まで従事した内容、先端テクニックの紹介、アップデートされた内容を厳選してお届けしてきました。
そんなSURGEONの25周年を記念して、2021年はSURGEON特別企画を連続して開催いたします!
常に進化し続ける雑誌、SURGEONをお見逃しなく!!



本誌の一部をご試読いただけます。


【特集】
前十字靭帯断裂
~なぜ外科的治療が必要なのか?~(前編)
監修:泉澤 康晴
●巻頭言/泉澤康晴
●病態生理/林 慶
●視診と触診/藤田幸弘
●画像診断(単純X 線検査,超音波検査,MRI 検査)/本阿彌宗紀
●関節鏡/小川純也
●手術法の変遷~おもな手術方法の概要~/小林 聡

【連載・他】
●SURGEON 誌創刊25 周年記念企画 誌面連動動画で診る
わかる整形・神経跛行診断
本阿彌宗紀
●外科支援CT
インスリノーマ
市川美佳
●インタビューシリーズ
獣医療のミライ
金井詠一


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判96頁
発行年月日:2021年7月20日