Open Nav
  1. TOPページ
  2. 愛玩動物看護師カリキュラム準拠教科書8巻

愛玩動物看護師カリキュラム準拠教科書8巻
《10004208》


販売価格: ¥ 3,850円(税込)


動物栄養学/動物外科看護学/ 動物医療コミュニケーション


本誌の一部をご試読いただけます。


愛玩動物看護師カリキュラム準拠教科書の10巻セットはこちらから


■本書において、記事中の記述に誤りがありました。
詳細はこちらをご確認お願い申し上げます。


【目次】

■動物栄養学
第1章  犬・猫の基礎栄養
1.栄養と栄養素
2.犬・猫の食性、摂食行動、嗜好性、異嗜、摂食量、飲水量
3.犬や猫に与えてはいけない食材・添加物(禁忌食)

第2章 栄養評価法
1.犬と猫のエネルギー評価法
2.犬と猫の栄養要求量ガイドライン
3.犬と猫のライフステージと栄養
4.犬と猫の栄養状態評価法

第3章 フード
1.ペットフードの歴史
2.ペットフードの種類
3.ペットフードの製造方法
4.ペットフードに使用される原料
5.サプリメント
6.ペットフードの法規制

第4章 栄養指導
1.栄養診断“ この子の理想体重は? ”
2.適正給与量“ どのくらいフードを与えればよいのか? ”
3.フードの選択“ どんなフードを与えればよいのか? ”
4.肥 満

第5章  疾患と栄養の関係
1.慢性腎臓病の栄養管理
2.尿石症の栄養管理
3.心血管系疾患の栄養管理
4.消化器疾患の栄養管理
5.肝疾患の栄養管理
6.糖尿病の栄養管理
7.皮膚疾患・アレルギー疾患の栄養管理

第6章 栄養管理
1.非経腸栄養法の必要な疾患と実施の方法
2.経口栄養剤の成分と利用法
3.強制給餌法
4.経胃栄養剤と経腸栄養剤の成分・利用法
5.設置したカテーテル/チューブの維持管理方法
6.食事管理失宜による症状および対応方法

■動物外科看護学
第1章  手術チームでの愛玩動物看護師の役割と準備
1.手術チームにおける動物看護師の役割
2.手術室に入るとき
3.手指の消毒法
4.手の拭き方
5.ガウンとグローブの装着法

第2章 術前準備
1.術前検査と術前手続き
2.手術準備室と手術室の準備
3.動物の術前準備
4.麻酔の準備
5.手術時のポジショニング
6.消毒の準備
7.術野の消毒法
8.ドレープの装着

第3章 麻酔・鎮静処置
1.麻酔あるいは鎮静処置時における動物看護師の役割
2.麻酔あるいは鎮静処置の適応とリスク
3.麻酔あるいは鎮静処置時に特有の問診
4.麻酔あるいは鎮静処置前に実施される検査
5.注射麻酔・鎮静に関わる手技(局所麻酔を含む)
6.吸入麻酔に関わる手技
7.導入時・覚醒時のリスクと対処
8.麻酔看視項目
9.麻酔記録の作成法
10. 麻酔あるいは鎮静処置に伴う疼痛管理

第4章 術中補助・術後管理
1.術中動物看護の役割と必要な動物看護援助
2.術直後動物看護の役割と必要な動物看護援助
3.術後動物看護の役割と必要な動物看護援助
4.縫合材と手術器具
5.直接補助と間接補助を行う動物看護師
6.直接補助の業務
7.間接補助の業務

第5章 縫合材料と縫合法
1.縫合糸の分類
2.縫合糸の特徴
3.縫合糸のサイズ
4.一般的な縫合糸の種類と特徴
5.縫合糸の包装
6.縫合糸の代替品
7.縫合糸の選択基準
8.縫合針
9.一般的な縫合法

第6章 外科器具
1.一般的な手術器具と使用法
2.一般的な手術器具セット
3.整形外科器具とその使用法
4.歯科器具の名称と使用法
5.手術器具の手入れ方法とその維持管理
6.滅菌準備
7.手術器具の滅菌
8.代表的な医療機器

第7章 創傷管理と包帯法
1.創傷の分類
2.手術後の創傷管理
3.ドレッシング法実施時の創傷管理
4.包帯法(バンデージ)
5.褥瘡の予防

第8章 救命救急法
1.生命徴候のアセスメント
2.動物の呼吸を楽にする姿勢
3.循環管理
4.保 温
5.止血法
6.気管内挿管
7.心肺蘇生処置
8.その他の救急救命処置に関わる状態

第9章 動物の機能回復
1.基本的な活動性と動作能力
2.活動・運動能力に対するアセスメント
3.活動・運動能力に対する援助方法
4.対象動物の体位変換
5.リハビリテーションと動物の理学療法
6.代表的な理学療法の原理と手技

■動物医療コミュニケーション
第1章 獣医療面接
1.コミュニケーション能力
2.動物看護学における獣医療面接
3.獣医療面接を用いた事前問診の方法
4.身体検査
5.獣医療面接の終え方
6.その他の獣医療面接の技法を使った具体的な対応

第2章  クライアントエデュケーション(飼い主教育)
1.クライアントエデュケーション(飼い主教育)とは
2.例題による臨床現場での飼い主指導のポイント(飼養管理を除く)

第3章  院内コミュニケーションと病院マネージメント
1.飼い主指導を主体としたインフォームドコンセント
2.チーム獣医療に欠かせないコミュニケーション能力の基本
3.動物病院マネージメントにおける物品の購入や管理
4.ペット保険の対応

索 引


編者:一般社団法人 日本動物保健看護系大学協会 カリキュラム委員会
監修者:石岡 克己、佐野 忠士
出版:エデュワードプレス
サイズ:B5判、並製、452頁
ISBN:978-4-86671-162-1
発行年月日:2022年2月21日