Open Nav
  1. TOPページ
  2. VETERINARY BOARD 2022 OCTOBER No.42 体表にできる犬の皮膚肥満細胞腫~高悪性度・低悪性度の対応~

VETERINARY BOARD 2022 OCTOBER No.42 体表にできる犬の皮膚肥満細胞腫~高悪性度・低悪性度の対応~
《00172210》


販売価格: ¥ 4,400円(税込)


臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン

<今の臨床を変える3つのポイントはこれ!>
1.さまざまな症例から+αの診療選択肢を学ぶ
2.臨床現場で活用できる最新情報をフォローアップ
3.各科目を専門のコーディネーターが監修!
>>お得な定期購読へのお申し込みはこちらをご確認ください。


『VETERINARY BOARD』×『CLINIC NOTE』連動特集企画のアンケート募集中!
連動特集企画では、VETERINARY BOARD、CLINIC NOTEをご購読いただいている皆様のご意見・ご感想をお伺いするためのアンケートを毎月実施いたします。
ご回答いただいた内容は、今後のよりよい雑誌作りの参考とさせていただきますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします!
・2022年10月号の回答期限:11月30日(水)
・特典:抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


本誌の一部をご試読いただけます。


【特集】
体表にできる犬の皮膚肥満細胞腫
~高悪性度・低悪性度の対応~
監修: 富安博隆(東京大学)

●総論
犬の皮膚肥満細胞腫の概要
富安博隆、高橋洋介(東京大学)

●症例報告
①低悪性度の皮膚肥満細胞腫が単発でみられた犬の一例
橋本裕子(東京大学)
②低悪性度の皮膚肥満細胞腫が多発した犬の一例
橋本裕子(東京大学)
③高悪性度の皮膚肥満細胞腫が単発でみられた犬の一例
高橋洋介(東京大学)
④高悪性度の皮膚肥満細胞腫に対して手術および化学療法による治療を実施した犬の一例
佐藤志織、富安博隆(東京大学)

【文献レポート】
島野翔太朗、富安博隆(東京大学)

【連載】
診療力が試される症例
Vet Board QUIZ
●眼科⑤
執筆: 仁藤稔久(どうぶつ眼科専門クリニック、柏原どうぶつクリニック)
監修:辻田裕規(どうぶつ眼科専門クリニック)
●呼吸器⑤
執筆:喜多川麻美(TRVA夜間救急動物医療センター)
監修:藤原亜紀(日本獣医生命科学大学)

文献情報
●眼科⑤
執筆: 仁藤稔久(どうぶつ眼科専門クリニック、柏原どうぶつクリニック)
監修:辻田裕規(どうぶつ眼科専門クリニック)
●呼吸器⑤
執筆:小林 良(夜間救急動物病院 目黒)
監修:藤原亜紀(日本獣医生命科学大学)

【特別企画】
①誌上セミナー 犬の膿皮症
② 誌上セミナー 猫の呼吸器疾患~抗菌薬をいつ使用するか~


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 86頁
発行年月日:2022年10月15日