Open Nav
  1. TOPページ
  2. CLINIC NOTE No.210 2023 Jan 1月号 肝疾患の勘どころ~早期発見、早期治療に導くアプローチ~

CLINIC NOTE No.210 2023 Jan 1月号 肝疾患の勘どころ~早期発見、早期治療に導くアプローチ~
《00082301》


販売価格: ¥ 3,353円(税込)


獣医学の“標準診療”を学ぶ総合情報誌 月刊「CLINIC NOTE」

◆ホームドクターに求められる“標準診療”を解説!(もちろん+αもあり)
◆遭遇頻度が高い疾患を中心に掲載。診療に迷ったらすぐにクリノへ!!
◆フローチャート・表・写真を多用した、“見てすぐ覚える・使える”誌面構成
>>お得な定期購読へのお申し込みはこちらをご確認ください。


『CLINIC NOTE』×『VETERINARY BOARD』連動特集企画のアンケート募集中!
連動特集企画では、CLINIC NOTE、VETERINARY BOARDをご購読いただいている皆様のご意見・ご感想をお伺いするためのアンケートを毎月実施いたします。
ご回答いただいた内容は、今後のよりよい雑誌作りの参考とさせていただきますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします!
・1月号の回答期限:2023年3月31日(金)
・特典:抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


本誌の一部をご試読いただけます。


【特集】
肝疾患の勘どころ
~早期発見、早期治療に導くアプローチ~
監修:福島建次郎(どうぶつの総合病院 専門医療&救急センター)

・総論:疾患の検査・診断アプローチ/坂井 学(日本大学)
・各論①犬の慢性肝炎/福島建次郎(どうぶつの総合病院 専門医療&救急センター)
・各論②猫の肝リピドーシス/佐藤佳苗(松原動物病院)
・各論③犬の門脈体循環シャント/德永 暁(JASMINEどうぶつ総合医療センター)

【連載、TOPICS】
●新連載 頭の中で三次元化できる!
犬の心エコー・腹部エコービジュアルガイド
第 1 回犬の超音波検査のファーストステップ
福島隆治(東京農工大学)

●新連載 結局のところ、「細胞診」はココを押さえよ!
第 1 回刺したのはリンパ節? それとも…
野上 英(富士フイルムVET システムズ)

●基礎から学ぶ 皮膚科のお悩み Q&A
第 5 回食物アレルギー
江角真梨子(Vet Craft)

●新連載 臨床獣医師のための エキゾ診療ファイル
第 1 回 FILE 1 ウサギ、FILE 2 ハリネズミ(基礎編)
執筆:進藤祐介(うさぎと鳥・小動物の専門病院 BUNNY GRASS)
監修:田向健一(田園調布動物病院)

●鑑別診断プラクティス
~臨床医を育てる全科ラウンド~
最終ラウンド血尿
執筆:長田大翔(東京農工大学動物医療センター)
監修:大森啓太郎(東京農工大学)

●現場では何がどう変わる?
獣医師も知っておきたい愛玩動物看護師法
第 5 回「 獣医師の指示のもと」って具体的には何をどうすればいいの?
佐伯 潤(帝京科学大学)

●特別企画
犬の骨関節炎のステージングツール
COASTの妥当性評価
原著:COAST 開発グループ
監訳:奥村正裕(北海道大学)

●次回予告/奥付


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 112頁
発行年月日:2023年1月1日