Open Nav
  1. TOPページ
  2. 【SOLD OUT】J-VET BOOKS イラストと写真で学ぶ眼科診療 眼からウロコ

画像をクリックして拡大イメージを表示

【SOLD OUT】J-VET BOOKS イラストと写真で学ぶ眼科診療 眼からウロコ
《10003908》


販売価格: ¥ 13,200円(税込)


眼科診療の“コツ”がぎゅっと凝縮された一冊


本誌の一部をご試読いただけます。


【本書の特長】
大人気だった連載がついに単行本に。

●ただ連載をまとめた本じゃない!
連載(第2部)を加筆修正し,新たに眼の解剖学第1部)と,眼科検査のやり方(第3部)の解説を追加しました。
とくに検査の手順解説ページは必見です。
こんなにわかりやすく眼科診療が解説された本は,いまだかつてない!

●とっても便利な巻末付録つき!
診察に必要な情報が確実に引き出せる【眼科問診票】
検査結果や治療計画がもれなく記録できる【眼科カルテ】
飼い主さんへの説明を助けてくれる【おうちでの点眼のしかた】


●目次
第1部 眼の解剖
Ⅰ 正面からみえる構造物
Ⅱ 角膜よりも後ろにある構造物

第2部 眼の症状・疾患
Ⅰ 飼い主さんがよく訴える症状とその鑑別診断
「眼が赤いんです」
「眼が痛そうです」
「眼が白く濁っています」
「眼が緑色にみえます」
「眼が見えないみたいです」
Ⅱ 診療上注意が必要な症状・疾患
診断・治療が難しい ぶどう膜炎
再発しやすい 
①角膜びらん・潰瘍
②ぶどう膜炎
飼い主が気にする
①眼瞼腫瘍
②流涙症
③重度の眼脂
飼い主が気づきにくい
①片眼性の盲目
②先天性の眼内異常

Ⅲ こんな患者に多い疾患

犬に多い疾患
①白内障
②進行性網膜萎縮症・突発性後天性網膜変性症
③網膜剥離
④緑内障
猫に多い疾患
①角膜疾患
②ぶどう膜炎
③網膜疾患
④腫瘍
特定の品種に多い疾患
①柴犬
②アメリカン・コッカー・スパニエル
③ミニチュア・ダックスフンド
④シー・ズー
⑤ゴールデン・レトリーバー
⑥ペルシャとヒマラヤン
特定の年齢に多い疾患
①犬の新生子期の多発性眼奇形
②犬の新生子期の類皮腫
③若齢犬の角膜ジストロフィー(実質)
④若齢犬の免疫異常による角膜疾患
⑤若齢犬の視覚喪失
⑥高齢期にみられる加齢性変化
⑦高齢犬の角膜ジストロフィー(内皮)・角膜変性症
⑧高齢犬の腫瘍
Ⅳ 連鎖する疾患
進行性網膜萎縮症 → 白内障
網膜剥離 → 続発緑内障
白内障 → 水晶体起因性ぶどう膜炎 → 続発緑内障・網膜剥離
ぶどう膜炎 → 続発緑内障

第3部 眼の検査
Ⅰ 検査の前に
正しく保定する
正しく開瞼させる
緊急処置が必要か否かを判断しておく
必要に応じて鎮静・点眼麻酔・全身麻酔
Ⅱ 基本の検査
問診の前に
問診
視診
触診
基礎神経学的検査(威嚇反射・対光反射・眼瞼反射・眩目反射)
Ⅲ 眼の表面の検査
涙液量測定(シルマーティアテスト・綿糸法)
眼脂培養検査・角結膜の塗抹検査
角結膜染色試験・鼻涙管疎通試験
眼表面のスリットランプ検査
スリットランプアトラス1(眼表面)
角膜内皮細胞検査
Ⅳ 前房・水晶体の検査
眼圧測定
前房・虹彩・水晶体のスリットランプ検査
スリットランプアトラス2(前房・虹彩・水晶体)
隅角検査
前房穿刺
Ⅴ 後眼部の検査
眼底検査(倒像鏡検査)
眼底アトラス
眼球超音波検査
眼球超音波アトラス
Ⅵ 特殊検査
網膜電図検査
視覚誘発電位検査
フェニレフリン検査
血液検査
CT・MRI検査
Ⅶ 散瞳処置
巻末付録
眼科問診票
眼科カルテ
おうちでの点眼のしかた


著:都築圭子
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4変型判 並製本 152頁
発行年月日:2015年8月8日
ISBN:978-4-89995-888-8