Open Nav
  1. TOPページ
  2. 【SOLD OUT】CLINIC NOTE No.144 2017 Jul どうする!? 疾患のコントロール Part2

画像をクリックして拡大イメージを表示

【SOLD OUT】CLINIC NOTE No.144 2017 Jul どうする!? 疾患のコントロール Part2
《00081707》


販売価格: ¥ 3,353円(税込)


獣医学の“標準診療”を学ぶ総合情報誌 月刊「CLINIC NOTE」

◆ホームドクターに求められる“標準診療”を解説!(もちろん+αもあり)
◆遭遇頻度が高い疾患を中心に掲載。診療に迷ったらすぐにクリノへ!!
◆フローチャート・表・写真を多用した、“見てすぐ覚える・使える”誌面構成


【特集①】
どうする!? 疾患のコントロール Part 2
●犬・猫の慢性腎臓病のコントロール
/ 宮川優一(日本獣医生命科学大学)
●犬・猫の膵炎
/ 金本英之(DVMsどうぶつ医療センター横浜)
●犬・猫の糖尿病
/ 玉原智史(相模大野プリモ動物病院)

【連載、TOPICS】
●イチから始める獣医皮膚科学
第4回 皮膚科の診療環境の整備・診療の流れ
/ 伊從 慶太(Vet Derm Tokyo)
●消化器疾患の見極め「嘔吐・吐出」
第4回 一次診療で行う消化管造影X線検査
/ 白畑 壮(プリモ動物病院 相模原中央)
●絶対に覚えておきたい! ウサギの診療ポイント Step 2
第21回 ウサギの足底皮膚炎(Sore hocks)
/ 加藤 郁(加藤どうぶつ病院)
●海外レポート
モーフィットがんセンターでの研究留学報告 後編
/ 米澤智洋(東京大学)
●後輩を育てる動物病院のフレームワーク
第4回 タイプ別 効果的なコミュニケーションのとり方(後編)
/ 田中理咲(JPR)
●論文翻訳
発症前段階の粘液腫性僧帽弁疾患を伴う犬の治療選択肢に関するクリティカルレビュー ─ 実際的なアプローチ ─
/ 執筆:Jens Häggström / 監訳:上地正実(JASMINE どうぶつ循環器病センター)
●動物病院レポート
長期持続型NSAIDs「トロコキシルⓇチュアブル」による疼痛管理の実際
/ 秋田 宰(あきた動物病院)
●動物病院向け1日集中セミナー
「獣医のいろは」シリーズ スタート
/ 梅田裕祥(横浜どうぶつ眼科),伊從慶太(Vet Derm Tokyo)
次号予告/奥付


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁
発行年月日:2017年7月1日