Open Nav
  1. TOPページ
  2. 【SOLD OUT】CLINIC NOTE No.145 2017 Aug 一次診療の疼痛管理マニュアル:前編

画像をクリックして拡大イメージを表示

【SOLD OUT】CLINIC NOTE No.145 2017 Aug 一次診療の疼痛管理マニュアル:前編
《00081708》


販売価格: ¥ 3,353円(税込)


獣医学の“標準診療”を学ぶ総合情報誌 月刊「CLINIC NOTE」

◆ホームドクターに求められる“標準診療”を解説!(もちろん+αもあり)
◆遭遇頻度が高い疾患を中心に掲載。診療に迷ったらすぐにクリノへ!!
◆フローチャート・表・写真を多用した、“見てすぐ覚える・使える”誌面構成


【特集①】
一次診療の疼痛管理マニュアル:前編
監修:手島健次(日本大学)
●疼痛の総論
/ 関 瀬利(日本獣医生命科学大学付属動物医療センター)
●痛みの認識と評価
/ 伊丹貴晴(北海道大学)
●麻薬及び向精神薬取締法、麻酔診療施設の開設
/ 成田直樹(シーサイドアニマルクリニック),手島健次(日本大学)
●疼痛管理に使用する薬剤と鎮痛テクニック
/ 手島健次(日本大学)

【特集②】
どうする!? 疾患のコントロール Part 3
●僧帽弁閉鎖不全症
/ 山田修作、福島隆治(東京農工大学)
●犬・猫の膵炎
/ 金本英之(DVMsどうぶつ医療センター横浜)
●犬・猫の糖尿病
/ 玉原智史(相模大野プリモ動物病院)

【連載、TOPICS】
●イチから始める獣医皮膚科学
第5回 皮膚科の検査法①
/ 伊從 慶太(Vet Derm Tokyo)
●消化器疾患の見極め「嘔吐・吐出」
第5回 犬の異物誤食・誤飲へのアプローチ
/ 白畑 壮(プリモ動物病院 相模原中央)
●スクリーニング検査からの疾患予測
第4回 血液化学検査―肝胆道系パネル・前編―
/ 大森啓太郎(東京農工大学)
●病院に勤めはじめた生理学者の「内分泌」
第14回 猫の先端巨大症の話
/ 米澤智洋(東京大学)
●循環器科の診療室
第10回 発咳
/ 執筆:髙橋新音(JASMINEどうぶつ循環器病センター),監修:上地正実(JASMINEどうぶつ循環器病センター)
●後輩を育てる動物病院のフレームワーク
第5回 自信のない後輩にどう対処するか
/ 田中理咲(JPR)
●Close Up 犬の運動器疾患の今
犬変形性関節症の治療―NSAIDs使用の“本当”の意義と効果―
/ 奥村正裕(北海道大学)
●動物病院レポート
長期持続型NSAIDs「トロコキシルⓇチュアブル」による疼痛管理の実際②
/ 山田雄三(青戸やまだ動物病院)

次号予告/奥付


出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁
発行年月日:2017年8月1日