Open Nav
  1. TOPページ
  2. 図解 小動物神経病学

画像をクリックして拡大イメージを表示

図解 小動物神経病学
《10003524》


販売価格: ¥ 41,800円(税込)


小動物神経学および神経外科学の総合的な書

豊富なイラストに加えて585枚にのぼる臨床写真・レントゲン写真・MR画像・CT画像をつかって複雑な神経疾患の詳細な情報を分かりやすく解説し、犬・猫の神経疾患の診断・治療につなげる。
本書は大きく2部構成となっている。第1部(1~11章)は神経学的検査、神経病理学の基礎、電気診断・放射線学などの補助的検査方法、麻酔・薬理学などを解説。第2部(12~20章)は神経学の臨床面からの視点で末梢神経系から脳までを解説している。
また付録のCD(英語版)には神経疾患の診断に必要な情報を、典型的な病態をとりあげてビデオなどで解説している。

あらゆる分野から小動物の神経病を解説。神経病の検査・診断・治療をこの1冊で網羅!

本誌の一部をご試読いただけます。こちらをご覧ください。

《iPad・iPhoneをご利用の方へ》
閲覧するためには専用ビューアー「ActiBook]のダウンロードが必要です。
iPad・iPhoneからアクセス後、【立読みをする】をクリックし、案内に従ってダウンロードを完了してください。
以降立読み、およびエデュワードプレスライブラリーでのご利用が可能になります。


<『図解 小動物神経病学』書評>
評者:織間博光(日本獣医生命科学大学 名誉教授)
この本の原著は、高名な獣医神経病学者であるDr.Jaggyが中心となって書かれたもので、神経病に関する全てを網羅しており、獣医神経病を学ぶものにとって必読の書であった。
内容としては、神経学的検査法、神経病理、神経薬理など基礎的な部分から、診断、内科・外科治療まで具体的かつ詳細に述べられている。ドイツ語か英語版しかなかった書が、日本語で読める様になったことは大変ありがたいことである。
日本語版を見て最初に注目したのは翻訳者の一覧である。まさに各章を専門とする、今一番脂ののりきった先生方が翻訳を担当しており、これ以上の適任者はいないという布陣である。非常に的確で、わかりやすい日本語になっているのが納得できる。
内容のすばらしさに関しては今更述べるまでもないが、イラスト、写真等を多く用いて詳細に記述されており、基礎から学ぶ人にも、日常の臨床例の診断に際しての手引き書としても役立つように書かれている。個人的に気にいっているのは付録の犬と猫の脳断面比較解剖学である。これはCT・MRIによる脳の解剖図で、脳写真と対比させた詳細なアトラスで、26頁にわたって掲載されている。
CTやMRI画像を診る機会が増えつつある現在、画像解剖を学ぼうとする人には非常に有用である。事実、ここが見たいがために本書を購入している人がおられるほどである。また、英語版ではあるが神経学的検査法や症例の動画CDが付録されている。本書を読んだ後で見れば、文章だけではわかりにくい検査手技や臨床徴候の詳細が良く理解でき、大いに参考になると思う。
本書は、これから神経学を学ぼうとしている人に間違いなくお薦めでき、またベテランの先生にも診療の合間に是非読んでいただきたい一冊である。


<目次>
目次はこちらをご覧ください。


編:André Jaggy
共編:Simon R. Platt
監訳:長谷川大輔(日本獣医生命科学大学獣医学部獣医放射線学教室)
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4版 上製本 598頁
発行年月日:2011年12月22日
ISBN:978-4-89995-613-6