Open Nav
  1. TOPページ
  2. FV21 鑑別診断のために 小動物臨床指針

画像をクリックして拡大イメージを表示

FV21 鑑別診断のために 小動物臨床指針
《10004134》


販売価格: ¥ 4,400円(税込)


すべての臨床家のポケットに。最もつかいやすい鑑別診断書のベストセラー!


■臨床医が確認できる疾患の臨床症状に基づいた鑑別診断について解説
■系統別にみた鑑別診断について解説
■内科的診断に関する検査値とその評価について解説


第1章 臨床症状から鑑別診断へ
 悪液質と筋肉萎縮
 アナフィラキシー
 運動失調と協調運動障害
 嚥下障害
 黄疸
 嘔吐
 喀血
 空吐き
 眼振
 関節腫脹
 狭窄音と喘鳴音
 強迫性障害
 虚弱
 筋肉萎縮
 くしゃみと鼻汁
 下血
 血尿
 血便
 下痢、急性
 下痢、慢性
 攻撃行動
 口臭
 高体温
 口内炎
 呼吸困難
 鼓腸
 昏迷と昏睡
 失禁、尿
 失禁、便
 失神
 失明
 斜頸
 出血、長期
 視力喪失、突発性
 振戦
 蕁麻疹/血管浮腫
 蒼白
 痒
 体重減少
 体重増加
 脱毛症
 多尿と多渇
 チアノーゼ
 低体温
 テネスムスと排便障害0
 てんかん発作
 点状出血と斑状出血
 洞性徐脈
 洞性頻拍
 吐血
 吐出
 難聴
 尿、変色
 排尿困難
 排便障害
 跛行
 発育不良/成長不良
 発咳
 発熱、原因不明
 斑状出血
 鼻汁
 鼻出血
 肥満
 頻尿
 不安と恐怖症
 腹水
 腹痛、急性
 腹部浸出液と腹水
 腹部膨満
 浮腫
 不全麻痺と麻痺
 不適切な排泄
 不妊症、雄(犬)
 不妊症、雌(犬)
 便秘
 乏尿
 ホルネル症候群
 無尿と乏尿
 有痛性排尿困難、排尿困難および頻尿
 流涎症(唾液過多)
 リンパ節症(リンパ節腫脹)

第2章 系統別にみた鑑別診断
 第1節 胃腸疾患
  胃疾患
  吸収不良性疾患
  肛門周囲疾患
  歯科と口腔疾患
  小腸疾患
  食道疾患
  大腸疾患
  唾液腺疾患
  蛋白喪失性腸症
  腸閉塞
  便失禁
 第2節 眼科疾患
  失明、急性
  全身性疾患の眼科徴候
 第3節 関節疾患および骨疾患
  関節炎
  骨疾患
 第4節 感染疾患
  ウイルス、犬
  ウイルス、猫
  エーリキア症、犬
  細菌感染、全身性
  真菌症、全身性
  多臓器性原虫疾患
  敗血症と全身性炎症反応性症候群(SIRS)
  バルトネラ症、犬
  ロッキー山紅斑熱
 第5節 肝臓疾患および膵外分泌疾患2
  肝腫大と小肝症
  肝性脳症
  肝胆管疾患
  肝リピドーシス、猫
  空胞性肝障害、犬
  高脂血症
  膵炎
  膵外分泌疾患
  胆管炎と胆管肝炎、猫
  胆嚢と肝外胆管疾患
  門脈体循環シャント、先天性
 第6節 血液疾患
  凝固障害、遺伝性と後天性
  血小板機能不全
  血小板減少症
  白血球疾患
  脾炎/脾腫大
  貧血
 第7節 腫瘍
  化学療法薬の毒性
  甲状腺の腫瘍
  コルチコステロイド療法
  腫瘍
  腫瘍随伴症候群
  組織球性疾患
  肉腫
  リンパ腫
 第8節 神経疾患および神経筋疾患
  筋炎とミオパシー
  斜頸
  重症筋無力症
  神経学的検査
  神経系の炎症性疾患
  脊髄疾患
  脊髄病変
  全身性疾患
  前庭疾患
  頭蓋内腫瘍
  認知障害
  脳疾患、先天性または遺伝性
  脳神経障害
  末梢性ニューロパシー
 第9節 心肺疾患
  犬糸状虫症
  下部気道疾患
  胸水
  高血圧
  喉頭と咽頭疾患
  雑音
  縦隔疾患
  心拡大
  心筋疾患
  心不全
  心膜液貯留
  先天性心疾患
  洞性徐脈
  洞性頻拍
  動脈血栓塞栓症
  乳び胸
  肺血栓塞栓症
  肺疾患
  肺水腫
  不整脈
  房室弁疾患、慢性(僧帽弁または三尖弁)
 第10節 中毒
  化学物質中毒
  植物中毒
  有毒な咬傷と刺傷
 第11節 内分泌疾患および代謝性疾患
  インスリノーマ
  下垂体性矮小症
  ガストリノーマ(ゾリンジャー・エリソン症候群)
  褐色細胞腫
  グルカゴノーマ
  クレチン病(子犬の甲状腺機能低下症)
  高血糖
  甲状腺疾患
  先端肥大症
  低血糖
  低ナトリウム血症/高カリウム血症
  糖尿病
  糖尿病性ケトアシドーシス
  尿崩症
  副甲状腺異常
  副腎腫瘍
  副腎皮質機能亢進症
  副腎皮質機能低下症
 第12節 泌尿生殖器疾患
  糸球体疾患
  腎盂腎炎、細菌性
  腎疾患
  生殖器疾患
  前立腺疾患
  膣分泌物
  尿管疾患
  尿石、犬
  尿路感染
 第13節 皮膚疾患
  アレルギー性皮膚疾患
  寄生虫性皮膚症
  色素異常症
  内分泌性脱毛症
  膿皮症
  皮膚または粘膜のびらんと潰瘍
  慢性外耳炎
  毛包炎
 第14節 免疫疾患および免疫介在性疾患
  自己免疫性皮膚疾患
  全身性エリテマトーデス(SLE)
  免疫介在性疾患
  免疫系成分

第3章 検査値とその評価

 アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST、以前はSGOT)
 アセチルコリン受容体抗体
 アニオンギャップ
 アミラーゼ、血清
 アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT、以前はSGPT)
 アルカリホスファターゼ、血清(SAPまたはALP)
 アルブミン
 アンモニア
 一般血液検査(血検)
 犬糸状虫抗原、犬
 犬糸状虫抗原、猫
 犬糸状虫抗体、猫
 インスリン
 活性化凝固時間(ACT)
 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
 カリウム(K)
 カルシウム(Ca)
 関節液(関節穿刺)
 ガンマグルタミルトランスフェラーゼ(GGT)
 胸腔穿刺液
 クームス試験
 グリコシル化ヘモグロビン
 グルコース
 グルコース負荷試験
 クレアチニン
 クレアチンキナーゼ(CK、以前はCPK)
 クロール(Cl)
 グロブリン
 血小板数
 血中尿素窒素(BUN)
 好塩基球数
 抗核抗体(ANA)
 口腔内粘膜出血時間(BMBT)
 好酸球数
 甲状腺機能検査
 好中球数
 コバラミン
 コリンエステラーゼ
 コルチゾール
 コレステロール(CH)
 重炭酸イオン(HCO-)
 充填赤血球量
 浸透圧
 赤血球(RBC)数
 総蛋白(TP)
 単球数
 胆汁酸
 デキサメタゾン抑制試験
 鉄結合能(総鉄結合能、TIBC)/フェリチン
 動脈血液ガス
 トキソプラズマ抗体価
 トリグリセリド
 トリプシノーゲン様免疫活性(TLI)/膵リパーゼ免疫活性(PLI)
 ナトリウム(Na)
 尿検査
 尿中コルチゾール/クレアチニン比
 脳脊髄液(CSF)
 播種性血管内凝固症候群(DIC)、診断検査
 白血球(WBC)数
 ビリルビン
 フォン・ヴィルブランド因子
 副甲状腺ホルモン(PTH)/イオン化カルシウム
 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、内因性
 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)刺激試験
 フルクトサミン
 プロトロンビン時間(PT)
 平均赤血球容積(MCV)
 ヘマトクリット値(充填赤血球量、PCV)
 ヘモグロビン
 マグネシウム(Mg)
 ミオグロビン尿症
 メトヘモグロビン血症
 免疫学的検定
 網状赤血球数
 溶血、検査機関での材料における防止
 葉酸
 リパーゼ
 リン(P)
 リンパ球数

索引


原著者:Mark S. Thompson
総監訳:長谷川 篤彦(東京大学名誉教授)
監修:尾形 庭子、西藤 公司、長谷川 大輔、藤井 洋子
出版:エデュワードプレス
サイズ:187mm×110mm 並製本 328頁
発行年月日:2007年12月20日