Open Nav

佐野忠士 著
(酪農学園大学 獣医学群 獣医保健看護学類、附属動物医療センター麻酔科/集中治療科)

A4判 208頁 オールカラー
定価: 9,000円+税

  • ●ICUでの管理や対応方法について、豊富なイラストや写真でわかりやすく解説!管理方法や手順が明確になり、今までの方法の見直しもできます。
  • ●救命処置の方法から、集中治療管理における具体的な管理項目や救急疾患・症候の治療と動物看護までの最新情報が満載!
  • ●著者の二次診療施設で実際に行っている治療法が随所に盛り込まれているので、日々の診療にすぐに役立つこと間違いなし!
  • ●動物看護専門誌「as」で2017年4月~2019年3月まで好評連載していた「はじめてのICU動物看護」をまとめたものをベースに加筆、修正し、獣医師向けにも最新のエビデンスに基づいた治療方針や治療方法を網羅した内容を掲載しています。
  • ●動物病院スタッフ全体のレベルアップを目指して、チームで命を救うために備えておきたい必読書です!

「チーム動物医療」命を救う!ICUやるべきこと、できることリアルわかる!

CONTENTS

※書籍化に伴い、雑誌連載時から新たに追加した項目を赤で記しています。

第1章 動物医療従事者としてすべきICUでの
見極め
・そもそも動物医療でのICU管理って何だろう?
・ICUで治療・看護が必要な動物を選別する
第2章 救命処置
・「最初」に行うBLS(一次救命処置)
・「その次」に行うALS(二次救命処置):モニタリング
・「その次」に行うALS(二次救命処置):薬物投与と除細動
第3章 急性期の治療・動物看護のための
管理項目
・自己心拍再開後のアルゴリズム
・呼吸機能の至適化
・循環機能の至適化
・神経保護
・水分管理
・輸血管理
・チューブ管理
・体位変換
・術後管理
・体温管理
・栄養管理
・感染症対策
第4章 救急の疾患・症候の治療と動物看護
・外傷の治療と動物看護
・肺水腫の治療と動物看護
・発作の治療と動物看護
・急性腎不全の治療と動物看護
・熱中症の治療と動物看護
・中毒の治療と動物看護