Open Nav
● CT撮影の原理や撮影方法、アーチファクトなどを簡潔に解説!
基礎を身に付けることで、読影時の理解がより深まります。
● 各部位の疾患ごとに様々な撮影条件を比較しながら、疾患時の画像上の変化や読影に必要なポイントを解説!
より状態の変化を理解しやすく、撮影する際にも参考になります。
● 正常犬のスライス画像を詳細に掲載!
読影時につまずきがちなCT画像の解剖学的理解をする際に役立ちます。
著者の坂大智洋先生に「本書の見どころ」を
動画で解説いただきました!
  • 【総論:第1章】
    読影に必要なCTの基礎知識を分かりやすく解説!
    これから読影を始めたい獣医師や、CT撮影を実際に行わない獣医師も、どのような状況で撮影されているか理解することができます。
  • 【各論:第2章~第6章】
    特徴的な条件の画像だけでなく、その他の条件の画像も掲載することで、WL・WWの違いによる状態の変化を的確に理解することができます。第6章では読影の流れも解説されています。
【付録、DICOMデータ】
正常犬のCT画像解剖と正常犬·猫と症例DICOMデータが付いています!
「撮影者がどのように画像を見ているか」が動画で解説されています!
実際に自分が見たい画像の断面を動かして見ることができ、読影の理解に役立ちます。

CONTENTS

総論

1章 CTの基礎知識

各論

2章 頭頸部CT読影
3章 脊椎CT読影

4章 胸部CT読影
5章 腹部CT読影

6章 読影方法
(DICOMデータとリンク)

付録

正常犬のCT画像解剖(DICOMデータとリンク)

  • 写真とイラストでみる
    犬の臨床解剖

    リアルな検体写真により、外科手術に必要な解剖学の理解が深まる!

    監訳:武藤顕一郎
    仕様:A4判 並製 572頁

    本書の詳細·ご注文はこちら
  • 図解 猫の解剖アトラス

    簡潔なイラストや写真で猫の詳細な基本構造を理解できる!

    監訳:武藤顕一郎
    仕様:A4判 並製 252頁

    本書の詳細·ご注文はこちら