Open Nav

デジタル版も同時発刊!

本書籍のデジタル版も同時発刊予定です。
電子書籍単品販売サイト
   「EDUWARD eBOOK」はこちら>>

麻酔の基本的な考え方から麻酔の実施法、リスク評価など、麻酔管理に必要な情報を詳しく解説!麻酔学を基礎から学べます。
各種疾患のある症例に対する麻酔管理の要点を図版を交えてわかりやすく解説!実践的な知識と手技が身につきます。
これから麻酔を学びたい獣医師は麻酔の基礎学習用として、経験豊富な獣医師は、これまでの麻酔の仕方、考え方の見直す成書として、全ての獣医師に役立つ1冊です!

麻酔の基本を系統立てて説明し、
安全に麻酔をかけるための知識を網羅!

安全な麻酔を施すための基本的な考え方を理解することができます。

リスクの高い疾患に対する
麻酔管理について、器官ごとに具体的な
麻酔法や薬用量を解説!

各疾患のケーススタディは、実際の臨床現場でも役立つ内容です。

麻酔薬の薬効薬理&扱い方などをわかりやすく解説!

さまざまな麻酔についての解説と、その用量および適切な麻酔薬の選択についての知識が詰まっています。

CONTENTS

  • はじめに
  • 執筆者一覧
  • 第 1 章 麻酔学総論
  • 第 2 章 手術侵襲とその制御法
  • 第 3 章 周術期の輸液療法
  • 第 4 章 疼痛管理
  • 第 5 章 担ガン生体の疼痛管理
  • 第 6 章 局所麻酔法
  • 第 7 章 吸入麻酔の基礎と臨床
  • 第 8 章
  • ・8-1:循環器疾患を伴う症例の麻酔管理
  • ・8-2:呼吸器疾患を伴う症例の麻酔管理
  • ・8-3:肝機能障害を伴う症例の麻酔管理
  • ・8-4:腎機能障害を伴う症例の麻酔管理
  • ・8-5:重度の感染症を伴う症例の麻酔管理
  • ・8-6:内分泌疾患を伴う症例の麻酔管理
  • ・8-7:中枢神経障害を伴う症例の麻酔管理
  • 第 9 章 周術期における症例の管理:各種モニターの重要性
  • 第 10 章 麻酔下の患者における人工呼吸法の原理と実際
  • 付録
  • ・A:麻酔関連薬の薬効薬理:注射麻酔薬
  • ・B:麻酔前投与薬の薬効薬理:抗コリン作動薬・鎮静薬
  • ・C:老齢動物に対する麻酔管理の要点
  • ・D:緊急薬剤のCRIのための調剤方法
  • ・E:臨床麻酔のガイドライン
  • ・F:周術期における栄養管理
  • 参考文献・図書
  • 索 引

  • 獣医臨床麻酔
    オペレーション・ハンドブック【第5版】

    著者:William W. Muir Ⅲ John A. E. Hubblell Richard M. Bednarski ほか
    監訳:山下和人・久代-バンカー季子
    B6判変形 並製本 708頁

    すぐに使える情報”を見やすく記載し、麻酔の知識をアップデート!

    定価:16,500円(税込)のところ
    キャンペーン価格14,850円(税込)
    ご購入はこちら
  • 動物看護師のための麻酔超入門・改訂版

    著:佐野忠士 A4判 並製 168頁

    大好評「麻酔超入門」が改訂してさらにパワーアップ!

    ●豊富な写真・図版を駆使し、麻酔のすべてを系統立てて説明しています。
    ●特別付録として、麻酔記録用紙、CPRアルゴリズム、緊急薬の推奨投与量表を掲載。

    定価:7,700円(税込)のところ
    キャンペーン価格 6,930円(税込)
    ご購入はこちら